教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



心不全の定義が変更されました
<心不全の定義> 『心不全とは、心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気です。』

 上記のように、昨日(2017/10/31)に、新しい心不全の定義が発表されました(日本心不全学会のホームページに解説があります 日本循環器学会との申し合わせの中でこのように決まったようです)。 予後の悪い病態です....ということを一般の方にもわかりやすくご理解いただくために、このような分かりやすい言葉が使用されているようです。 
 医師や医学生としては、しっかりと病態を理解して、診断・治療に当たって欲しいと思います。 ちなみに、病気です。と書いてあるのも、一般の人に分かりやすいようにと言う配慮であって、決して病名ではない(....とよく教わりました)ことは理解いただき、病態であると認識しておくことが肝要かと思います。 

 私も、動脈硬化性疾患の研究に加えて、心不全の研究を進めております。 HFpEFを含めて、なんとか新しい治療法や予防法の開発につながれば嬉しいのですが..... 世界の心不全の研究者みんなが、そう思っていても達成できていないわけです。 そう、簡単な道のりではありませんが、チャレンジすることはやめずに頑張りたいと思います。  ty
スポンサーサイト

急変対応シミュレーション
病棟にて急変対応シミュレーションを行いました。

循環器内科医、心臓血管外科の先生方、当該病棟の看護師さん、
PTさん、MEさん、薬剤師さんなどなど、多数の方々に、ご参加
いただき、さまざまなご意見をいただくことができました。

みなさま、本当にありがとうございました。今日の経験を今後の
医療に活かして、引き続きよりよい病棟になるよう頑張りましょう!

監修をしていただいたT先生、O看護師さん、ご苦労さまでした。
参加してくれた研修医の先生方、連日お疲れさまでした。

2014-0806-172116384.jpg

2014-0806-174554325.jpg

2014-0806-175116287.jpg

by T.T.

JMECC(日本内科学会認定内科救急・ICLS講習会)
 1/12に、神戸大学医学部附属病院で開催されたJMECC (ジェイメック:Japanese Medical Emergency Care Course、日本内科学会認定内科救急・ICLS講習会)に参加させていただきました。私は循環器専門医ですが、ACLSを受けないでも専門医になれる世代でありましたし、実はBLSしか経験がない状態でしたので、一度はもう少しadvanceの心肺蘇生を含めた勉強をしたいと思っていました。12月の〆切り後に、これが開催されることを知ったのですが、枠にまだ空きがありましたので参加をお願いしました。インストラクターの先生や看護師さん、丸一日ほとんど休憩のない指導をしていただき、本当にごくろうさまでした。みんなのための貢献に対して、尊敬し、感謝いたします。あと、私以外は研修医と学生の参加者ばかりで、しかも普段(心臓のみですが)コンサルティングをされる方の医師の参加で、指導する方に気を使わせてしまったことは申し訳ありませんでした。でも、できないものは、できないので、少しでもできるように勉強させていただきましたし、そういう機会をいただけたことに感謝しています。
 とにかく私は普段は運動しませんし、実習ですのでほとんど使用しない筋肉をかなり使用して様々なトレーニング/シミュレーションをしましたので、両手の握力が落ちる位でしたし、しっかりと筋肉痛になっています。トホホ...(若い研修医にはどうってことはないのでしょうが、老体にはかなりきつかったです)
 受講して感じたことは、(当たり前ですが)心臓だけ分かっていても人は助けられない…ということ。最近は、内科全体の勉強をあまりしない状態ですが、色々な疾患ベースの急変のシナリオが用意されていて、普段使用しない脳を少しは活性化できたのでしょうか? エビデンスはどんどん更新されて、常識が変化して、対応が変わっていることも感じました。そして、理論は分かっても、緊急時には頭も体も思うようには動きませんし、ましてや人を動かして救命チームを効率的に作動させるのは、かなりの経験と普段からの(イメージトレーニングを含めた)訓練が必要だ…ということが良く分かりました。最近は、立場上遭遇する機会も減っていますが、こういう場面は忘れた頃にやってくるので、油断せずにいたいものです。 ty


年末になりました
 本年もあと10日になりました。いつもこの時期になると、寒いこともあり体調をくずされる方も増え、我々循環器内科は忙しくなります。実際に、本日CCUは10床を当科で管理している状態です。(本当に主治医のO先生、N先生、T先生・担当医・当直医・研修医のH先生も、みなさんご苦労さまです。)
 今週は、色々と行事もあり、私としてはいつもよりは少しだけ大変な一週間でした。火曜日は外来のあと診療に関連する会議に出ていましたが、呼ばれて途中で抜けて午後の救急当番の対応をして、午後7時頃までかかりました。さらに新たに始めた研修医との勉強会をして一緒に勉強しました(来年度から、火曜日の夕方に研修医向けの内科/循環器内科の勉強会をしようと考えており、その前段階の取り組みを始めました。また良い意見があったら教えてください。心電図や循環器の基本事項も教えようとは思っていますが、やはり外来や入院を問わずに患者さんbasedの、物の考え方などを学ぶような会にしようかと考えています。) 
 水曜日は、昨年から開始して年に2回循環器病棟(内科・外科合同)で行っている、急変時のシミュレーションを行いました。病棟に関わるみなさんが、エキスパートになって、より救命率が上昇するように頑張っています。メインで仕切ってくれたI先生と研修医のH先生、そしてOさんを中心に看護師のみなさん、ごくろうさまでした。 
 木曜日はチャートカンファレンス/回診のあとに、医局会で勉強会を行いました。最近接する機会が増加傾向にある「心移植」について、循環器内科として知っておくべき知識を再確認するレクチャーをエコーGのS先生とT先生に行っていただきました。先日、O大学の循環器内科と外科の先生に来ていただいた時に、実際のI.C.を聞かせていただき、ある程度のポイントは分かったつもりでしたが、再確認できました。まだまだ学ぶべきことはたくさんあると感じています。そのあと、病棟の会議を終え、ある病院の忘年会に参加させていただきました。これが、200人以上の参加するすごい忘年会で、出し物も中々の完成度で、ちょっと驚きました。最近、こういう会に出席すると、以前とは異なる目で見るようになり、「雇用だけ考えても、大変な社会・地域貢献されているな〜」と感じるようになってきました。まあ、この捉え方は年齢のせいでしょう。 
 金曜日は、5年生のBSLで本年度最後の講義をしました。その後、夕方になって転科の調整などを行い、CCUに行ってみると大変な状態であることを再認識しました。協力して遅くまで対応してくれたカテGのK先生、I先生、O先生、T先生など、本当に感謝しています。S先生も夜遅くの回診、ごくろうさまでした。改めて循環器内科は、優秀な診療スタッフのお互いの協力体制によって成り立っていることを再認識し、ありがたいと思うと同時に、誇りに思います。学生や研修医のみなさん、是非この成長できる環境で一緒に働いて、勉強してください。また、仲間になりたい人は、遠慮なく病棟医長や医局長、もしくは直接H教授にご相談ください。Welcomeです。
 次週は、火曜日に循環器内科としてのLVADの勉強会も予定されていますし(M先生よろしく)、木曜日は医局の忘年会が予定されています。小耳にはさんだ情報ですが、忘年会は100名を越える参加者が予定されていると聞きました(T先生のジーコパワーのおかげでしょうか?)。診療に関係するスタッフがたくさん参加いただけると聞いていますが、本当にみなさんプロとして貢献いただき、良い協力関係ができているのではないかと思っています。みんなが、より働き易い環境を作り上げるために、師長と一緒に色々と改善しているつもりですが、まだまだあるであろう問題点は、どんどんご指摘ください。スピード命で対応してきたいと思っています。さあ忘年会は、皆で盛り上がって、来年をまた元気に迎えることができるように、ストレスを発散しましょう。
 また、来週から新しい電カル入力が始まります。担当者は準備をはじめましょう。実際の運用は1/1からですが、みなさん慣れていきましょう。 年末大掃除も各人・各部署で責任をもってしてください。 みなさん、寒いので体調をくずさないように気をつけましょう。みんな、がんばれ。 ty


診療に関すること
 12月と1月の日直と当直のスケジュールを決めました(これは病棟医長の仕事の一つですが、パズルをしているようなもので、結構時間がかかります 病棟とCCUの二つあるので、ちょうどSudoku[数独]のパズルの中級を2つするくらいの時間が必要です 循環器内科と呼吸器内科で当直を担当していただく60名あまりの先生を、そのスケジュールを考えながら、日程を決めるだけの作業なのですが…. これに比べて、研修医の先生の副直を決める作業は、Sudokuの初級程度の難しさで、10分もかかりません)。
 私が、病棟医長になってから、それまで「年末年始の日当直は、すべて1年目のdutyであった」のを、「2年目にもしていただく方針」に変更して、1年目の先生の負担を減らしました。今までの当たり前を変えることは、時に抵抗もありますが、よりfairな、働き易い環境にする方が、良いに決まっています。あまりにご無体なシステムは変えますので、気づいたら教えてください。昔は、「外病院の当直込みで3連直です…」なんて言うのも聞いたことがありますが、あまり無理をすると体にも心にも良くないのは自明です。忙し過ぎると判断を間違う可能性も高まり、誰のためにもなりません。「忙しい」という字を見てもわかりますが、「りっしんべん=心 + 亡くす」ということで、忙しいということは心を亡くしている状態ですので、冷静に判断できなくなっているということです。みんなが、「忙しい」と言わなくても済むようなシステムにすることが理想だと思います。
 年末年始の当直の話しですが、今年度は、1年目2年目が11人ずつなので、12/29日直を普通あつかいにして、12/29の当直から1/3当直までの11枠を年末年始枠として、1年目の先生がCCUを、2年目の先生が病棟を一つずつ担当していただくように考えています(上記のルールで全て決定した後に、病棟とCCUの変更は可能ですので、適宜対応してください)。その分も入れて、12~1月の2ヶ月で4枠の担当になります。
 3年目以降の方は、年末年始の担当はありませんが、2ヶ月で3枠の担当になりますので、いつもより少し増えるかもしれません。みんなで協力して、診療がスムーズに進められるようにご協力ください。

 あと、本年度は年末年始の休みの間に、電カルのコンピューターシステムが入れ替わる予定です。よって、1/6(月)からの年始の仕事は余裕を持って対応できるように予定を組んでおきたいものです。今までの経験では、システム変更時には、やはりトラブル(カルテが動かなくなることなど)はあって当然ですので、準備をしておくことが重要です。 先日、循環器内科を代表して、病棟医長と外来医長でその電カルシステムの操作訓練に参加しましたが、我々が電カルに慣れてきたからか、電カルが洗練化してきているのか、そんなに違和感なくできましたし、あまり悪い印象はもちませんでした。印象としては、指示簿を含めた紙ベースの書類ができうる限り無くなるシステムになっていますので、とにかく細かい指示を、全てクリックを一つ一つしながら出す…という感じで手間は増えますが、慣れればどうってことはないでしょう。文句を言うことが好きな人は、どのようなシステムを導入しても、文句を言うと思いますので、決められた制約の中で、いかに賢く働くのかを考える方が、何倍も賢明な行動と言えます。 病棟の電カルの台数が少なくて、診療に支障がでていることも理解していますので、病院側には1度はアンケートに答える形で要望し、さらに追加で要望書を出しましたが、数が増えるかどうなるかは分かりません(申し訳ありません)。
 すべての診療従事者は、年内に操作訓練を受けることになると思いますので、しっかりマスターしてください。また、より便利で時短になるようなコツは、みんなで共有して、より働き易い環境を手にいれてください。特に、年始の日当直の人は、(多分、問い合わせ先が設定されて、相談窓口はできるとは思いますが)しっかりとトレーニングしておいてください。 ty