教官のつぶやき+近況<研究、診療、教育、医局>
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告及び教官のつぶやきブログです。興味のある「カテゴリ」(左側リスト4個目)をクリックしてみて下さい。
プロフィール

toyamash

Author:toyamash
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野の近況報告ブログです。↓の興味のある「カテゴリ」をクリックしてみて下さい。



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



もう一つの論文問題
 「もう一つの論文問題」というのをご存知でしょうか?(個人的には、もっと問題を指摘できますが、どのようなシステムでも問題はあって当然なので、受け入れながらやっていきましょう)
 一つ目の論文に関しての問題は、「日本発の優れた科学論文が減少し、日本の研究開発力の低下が叫ばれている」ことです。
 そして、もう一つが「論文誌の購読価格の高騰と大学予算の縮小によって、図書館を通しても参考にしたい論文も、場合によっては自分の書いた論文も読めない」という笑えない事態が起きています(神戸大学でもおなじです)。 
 世界の科学論文雑誌の市場規模は約1兆円らしいです。論文掲載時に、数十万円程度を支払うことを求められることもありますし、研究は、するのも、発表するのにもお金がかかります。(大変なのよ〜) 逆に大学などの図書館が、ある出版社との間でかわす購読契約も数百万円レベル(もっと高いの)も当たり前のようです。科学振興に各国が力を入れて、発表論文数が増えていること、主要な出版社が限られていること、どんどん雑誌が増えていること、色々な要因があるようですが、年8%での購読費の値上がりが起きている研究分野もあるらしいです。それに、予算削減の波にさらされている大学が対応できるはずがありません。インターネット時代になり、雑誌の流通費用は下がっているはずなのに、上昇は止まっていないことに疑問もあります。科学論文の出版も、複数のビジネスモデルが存在し、よくメールでどこどこの論文に投稿を勧めるようなのが入ってきますが、ほとんどの雑誌は、投稿時に投稿料を求められます(気をつけてください)。オープンアクセス型の雑誌も増えていますし、ある種フェアだとも思いますが、あれは投稿掲載料がしっかりと取られることで成り立つビジネスモデルです。論文数が業績になるので、どうしても論文化することを求められる(そして、それをお金である程度解決しようとしたりする場合もある)のですが、(ひと昔前の一流の研究者が良くおっしゃっていたように「そんなジャーナルに掲載すると、業績に傷がつくよ!」の意見のように)本当に重要なことは何なのかを見つめなおす時代が来ていることに、みんなで気づくことも必要なのかもしれません。これには、何を評価するのか?の評価の規準を変えないといけないかもしれませんが….(評価の規準のインパクトファクターIF自体も、その仕組みを利用して、雑誌の価値を上げる運動がされていることは、みんな承知していますので、まあ何を信じたら良いのやら???)。「IF=TVにおける視聴率」のような印象さえあります。UMINの研究登録のように、結果もそこに書けば、それで(他の人が)同じ研究をしなくても済むようなシステムをキチンと作れば、無駄な研究は減らせますし、俗に「しょうもない研究」と呼ばれる研究をしたら、ペナルティーが付くような厳しいシステムも近い将来に導入されるのが良いのかもしれません(昔、お酒の席ですが、〜なんてIFが”マイナス”〜点でしょう!と宣う先生もいらっしゃいました)。何か、(良い研究成果を発表して、世の中に貢献することよりも)論文に掲載すること自体や、先のビジネスにつながる特許申請などをすること自体が「目的」になっているようにも感じ取れ、人間とは難しい生き物だなあ〜と思います。でも、国や指導者が、そのように先導するので、価値観がそうなるのも納得できます。
 科学論文の出版社が一種の情報産業(マスコミと変わらないようなのもあるんじゃないかと勘繰ります)として台頭し、ビジネス・金儲けとしての一面を強く前面に出して来ているような印象です。これは、利用する方の責任もあると思います。学会なんかもおなじような傾向がありますが、一旦「利権(のような物)」が発生すると、それでやめられなくなるのはどこの世界も同じです。オリンピックが、どうもあまり美味しい利権ではなくなると、おそらくそれほど獲得競争がなくなりつつあるようですが、同じことがおそらく「科学」の世界にも訪れると予想します。賢く、先を読みながらなんでもやっていかないといけないと思います。(参照;日経新聞) ty

スポンサーサイト

研修医勉強会 2017
 6/17(土曜日)は、循環器内科の研修医勉強会を開催しました。 参加された研修医、指導医の皆様、お疲れさまでした。 研修医の皆さんが、プレゼンが非常に上手で、シッカリと成長していることが感じ取れて嬉しいとともに、指導医の皆さまが普段からシッカリと様々な指導をされていることを感じ取れて、感銘を受けますし、感謝申し上げます。 発表症例も、循環器疾患ではありながら、内科医としての研修医の先生が、しっかりと考えたり、その症例の診療の中で活躍できる、そして勉強になる症例が増えていると思います。 珍しさばかりや、技術力をプレゼンするような(専門医向けの)症例発表は、研修医にはあまり適切ではないと思われますので、そういう忖度もしていただいていることに感謝です。 特に、発表者が初期研修医の場合には、発表者の気持ちになっても、このあたりの配慮は重要かと思われます。 
 今回は、教官のM先生が、患者診察における頸静脈波の観察に関して、非常にわかりやすく理論から実践までを解説してくれました。 正直、あそこまで詳しく・わかり易く解説できる人は、少ないと思います。 研修医の先生どころか、指導医の私も大変良い勉強をさせていただきました。 これにも感謝です。 
 最後のH教授のお話しとメッセージも、研修医の先生に伝わったと思います。 医師として成長することもですが、”人”として成長することが大切です。 M先生のメッセージとも共通の部分が多かった(これは組織としては良いこと)ですが、患者さんを大切に、よく診る(観る)こと、忍耐強く、情熱を持って診療はもちろんですが、さまざまなことに取り組み、挑戦すること....これが大切だということです。 私も、Passionだけは、負けないように頑張ろうと、再認識しました。

 今年から、新企画として、病院表彰を設けました。 良い質問をしてくれた研修医の先生を評価させていただき、その指導をしていただいている指導医も一緒に、病院に対して表彰させて頂くということです。 これもあってか、ほぼ全ての演題で、研修医の先生が積極的に質問をしてくれましたので、まさに主役が(発表するのも質問するのも)研修医の先生になり、どうしても追加で分かってほしいことだけ、指導医や大学の教官が追加する形にできました。 これこそ、研修医勉強会です。 ただ、質問担当研修医からだけの質問になってしまったので、来年からは、もう少し多くの研修医の皆さんが質問する(できる)ようなシステムにしようと思います。
 昨年から、研修医の先生がFirst authorの症例報告論文を表彰させて頂く賞を設けました。 英語で書かれた論文もあり、皆さまの頑張りが感じ取れます。 ただ、別に英語でなくても結構かと思いますので、とにかくpaperにまとめるという作業を研修医の間に経験しておくことは、非常に大切なことです。指導医の先生には、是非ご指導をお願い申し上げます。 

 最後に、さらにこの会が発展するためのお願いをしておきます。 研修医の皆さんが、普段から診療に忙しいのはわかっているつもりです(忙しくないと成長できませんしね)。 しかし、それぞれの病院から参加される研修医の先生の数が、もう少し多くても良いようにも感じました(今年は、総合内科の研修医のための会とかぶってしまったことも影響しているとは思いますが)。 実は、新企画の質問を評価するというのは、研修医の先生の参加を促す意味もございます。 良い質問をしていただくのがもちろん評価が高いのですが、参加研修医が多い方がさらにちょっと得をする....ようなシステムを考えてみます(もちろん、少人数しか研修医の先生がいらっしゃらない病院も不利益が出ないシステムにします)。 まあ、とにかく主役は研修医の先生です。 内科学会や循環器学会の地方会でも、表彰のシステムが充実してきました。 活躍できる場が多いというのは、成長できる機会が多いということです。 皆さんの頑張りと活躍は、皆さん自身の成長につながるのは当然ですが、関連病院を盛り上げることにも、仲間や後輩を増やすことにもつながります(周囲にも貢献しているということです)。 よろしくお願いいたします。 
 指導医の先生がたには、お忙しい中、ご参加いただき感謝申し上げます。 年に一度の会ですが、大切な会であると思っておりますので、今度ともご協力いただきますようお願い申し上げます。  ty
  

腸内細菌学会
 6/15〜16は、神戸のハーバーランドで開催された「腸内細菌学会」に参加させていただきました。 
最終日は、臨床分野からのセッションがあり、消化器内科(消化管・肝臓病)・腎臓内科からの話、そして私が循環器からの話をさせていただきました。 基礎研究に比べると、まだまだですが、いろいろな分野で腸内細菌と疾患発症との因果関係を調査する研究が進んでいます。 
 いつも思いますが、循環器以外の学会は、大変勉強になります。広い視野・視座で物事を見るトレーニングをしていきましょう。

 そう、6/17は、研修医勉強会です。 関連病院の研修医の先生は、是非進んで参加いただき、いろいろなことを学んでください。 ty

研究や仕事で大切なこと
知性の真の証は、知識ではなく想像力である。 Albert Einstein

想像力は大切だが、創造力の方がもっと大切である。 ty


 やっと、大切な仕事がひと段落しました。 溜まっていた、(いわゆる雑用と呼ばれる)仕事をこなしています。 まあ、なんでも仕事は大切ですので、どれも精一杯やりましょう。 ただ、精一杯完成度を高める仕事と、精一杯スピードを上げてやる仕事があるということです。 ty


色々と思うこと
 最近(数ヶ月前くらいから)、『地政学』という用語の入った本がたくさん発刊されています。あまり、知らないことばだったので、何冊か関連する本を読んだりしました。すると、私のイメージでは、国家の行動や歴史的な流れを、地理的な条件から、理由付けしながら考える学問であるということがわかりました。科学でも、scientificに考えることが重要ですが、理論に基づいて考えることの重要性を考えるトレーニングとしては面白いと感じました。 ちなみに、ある本に書いてあった3つの原則を紹介しておきますと、
「国家の行動原理は生き残りである」
「隣国同志は対立する」
「敵の敵は味方」
この原則に従って、国は行動して、歴史が作られてくるようです。 人間関係にも当てはまりそうですが、その反対の行動をとれば、対立は避けられるとも考えられます。 

 私にとって、年間で最も重要案件の研究費の申請が、来週締め切りで、ドタバタしています。でも、常に心に余裕を持ちながら、進めることが重要です。あまりのめり込みすぎると、視野狭窄になりますし、入れこまないと良い仕事ができないかもしれません。いつも、「虫の目・鳥の目・魚の目」を持って、やっていくことを心がけています。 

 5月後半から7月末くらいまでは、本当に色々なところに出かけていく機会が多いです。色々な、医師や研究者・企業の方にお会いすることは、私にとって本当に勉強になります。どうしても、循環器に関連した分野とのつながりが大きくなるかもしれませんが、是非ある物事を広い視野・視座で捉えるようにして、切り口を変える工夫が、より発展性のある展開を望む場合には必要だと思っています。みなさんも、そういう見方をすることを試してみてください。 
51.jpg 60.jpg
 映画で「ちょっと今から 仕事やめてくる」が放映されるようで宣伝しています。この原作は、かなり以前に読みましたが、なかなか面白かったです。その原作者は、北川恵海さんで、大阪出身の作家です。 他の作品に「ヒーローズ(株)」というのがあり、読み始めると面白くてやめられなくなった記憶があります。個人的には、こちらの方が好きですね(完全にライトノベルなのですが)。 先週に、「続・ヒーローズ(株)」が出版されているのを見つけて、買ったのですが、上記のような時間をとられる仕事があるので、一気には読めていません。(私は、ライトな本や真面目な本を2〜3冊くらいを同時進行で読んだりしてしまうので、こんなことになってしまいます。あまり良くないかもしれません。) この会社は、「ヒーローになりたい方のお手伝いをします!」というのが、売り文句の会社です。 上司の仕事は、この会社の仕事に近いかもしれませんが、中々思うようにはいきません。 もし、ストレスの溜まる状況の方がいらしたら、どれでも良いので読まれると、気分転換になり、元気が出ます。 ty


お知らせ(研修医・大学院受験希望者の方へ)
 お知らせを書いておきます。 後期研修医の先生・関連病院の指導医の先生にまだ医局としてお伝えできていませんが、次年度(平成30年4月入学 = 平成29年中に受験される方)の大学院受験のシステムの変更についてです。

 年に2回実施されていた入試は、1回になります。 さらに、入学試験の実施日が、秋に1回だけになり、冬に入試がなくなります。
 もし、秋〜冬になって、受験しようかと思っても、入学は1年数ヶ月後になってしまいますので、注意が必要です。 

 現在発表されている入学試験実施日は、
    10月21日(土曜日)  です。 
 願書出願が、9/20〜9/27です。 

 かなり早めに、受験を決めたり、準備をする必要がありますので、またお知らせをしたり、入学願書ができたら、関連病院の候補者には、お届けできるようにしたいと思っています。 

 あと、内科専門医プログラムの実施に応じて、初期研修医の先生は不安が多いと思います。 循環器内科としての方針などが分かりやすく理解できる冊子を作成中です。 完成次第、医局にも置きますし、関連病院にも配布します。  参考にしていただければと思っています。

 システムは色々と変わるのは、時代の変化・要望に応じて適応していくために必要ですし、仕方ありません。
 でも、当循環器内科と関連病院で研修・研究などされる人は、心配いりません。 大きなシステム変更なく、適応しております。 遠慮なく相談してください。 また、選んでいただければと思います。 ty

大学院講義を楽しめました 感謝です 
 5/11はKP大学のE先生が、大学院講義で大変楽しく、ためになる講演をしてくださいました。 
Physician scientistが減っている状況で、どう考えるのかを、自らの経験をもとにお話しいただきました。
私は、非常に勉強になりましたし、懐かしい話も出てきて楽しめました。 歴史を学ぶことも大切です....と年寄りになると思います。
個人的には、楽しいことをするのが好きなので、やはり研究はしんどいけれど楽しいと感じます。
まあ、やろうと思わない人が増えているのは残念ですが、医者だけしていても満足できてしまうので仕方がないのかもしれません。
満足すると、人はそれ以上に努力したりしなくなります(一般論です)。私は、できるだけ満足しないようにしたいと思っていますが、これまた満足する方がHappyなのも事実です。 
私の昔のボスが、やりたいヤツだけがヤレば良い.....とよく言われていました。 そうなのかも知れませんが、やらないと絶対に楽しい部分を感じるチャンスはなくなります。 でも強制されてするようなものでもないと思います。 やはり答えはなさそうです。 Enjoy ! できる人は、一緒にやりましょう。 ty

メールのC.C.? LINEは知らん スマホは持たない すべて個人の自由です
 メールでの仕事が増え、PCと向き合うことが仕事のかなりの部分を占めるようになってしまいました。正直、残念です。でも、仕方がないことも理解しています。 連絡もメールで「ホイ」と入り、それを理解していないと、非難される時代になってしまいました。
 ある本の中に、メールのC.C.をどう扱うかを議論して(というか、その著者の意見を書いて)いるのを見つけました。会社によっては、C.C.で上司に知らせることをルールにしている企業もあるようです。確かに、そのようなメールを時々見かけます。
To〜で送られるメールは、宛先が自分なので、手紙と同じく、それを読んで普通は返答すべき…なのは仕方ないですが、C.C.で送られるメールはどうでしょうか? 時間に余裕がある時は、読んで、場合によっては、求められていなくても(いや、実は求められているからC.C.で送られてきているのか?)返答してしまうかもしれません。 チェックマンの上司なら、これ(C.C.での送付)を要求する人もいるかもしれません。でも、個人的には時間に余裕がなければ、おそらく無視する….ことになります。 B.C.C.は使用に意味がある場合もあるように思いますが、これも個人的な意見です。 もし、C.C.を無視されて、イヤな思いをしている人がいるのなら、ちょっと考えた方が良いかもしれませんね。 世の中的に、新しいシステム・習慣というのは人によって、捉え方の常識が異なる場合が多いので、自分本意で考える(自分の常識を人に当てはめようとする)と、うまくいかないことも多いように感じます。ちなみに、私にC.C.で送られた分は、その時のメールの量によりますが、3分の1くらいは、読まずに消えているかもしれません(ごめんなさい)。 LINEが出てきて、スマホをずっと持っていることが当たり前になり、若い人の中では、この返事をしないと仲間はずれにされる…ようなことも聞いたことがあります。自分の常識や価値感を人に振りかざすのは、よくない現象かと個人的には思います。 ちなみに、私はスマホも持ってないし(敢えて持たないし)、LINEなんかするはずもありません。病棟医長をやめてから、携帯電話を携帯することもやめました(カバンの奥の方のどこかにあり、電池が切れてなければブルブル震えるかもしれませんが、まあ気付かないのは想像の通りです。携帯本体ですが、4年以上経過しても、まだ電池を1回充電したら1週間は持ちます。どれだけ、使ってないねん〜という感じでしょうか)。病院にいるときは、しっかりPHSは持っていますので、仕事に必要ならちゃんとしてますよ。
 C.C.に話しを戻すと、C.C.はするな! C.C.しても破棄する!と宣言する社長とかもいらっしゃるようです。まあ、話しは都合よく言えば良いので、部下を信じて任せている…という理論のようです。 まあ、それに賛同して、私もC.C.は捨てることにします(To〜のメールは当然読みます)。 細かなことは、気にせずに! そして、本当に大切なことは、言葉で伝える(報告する)方が良くはないですか? まあ、少し思ったので書いてみました。 ty


人・本・旅
 新年度が始まりました。よく、新人さんに読むことをオススメする本に「社会人1年目の教科書」という本があります。私は、この本を何度も読み返していますが、勉強になります。この本に書いてあることが実践できれば、社会人として最低限、非難されずにやっていけます。この本の著者は、岩瀬大輔さんで、現在のライフネット生命(ネット生命保険の先駆け的な会社)の社長さんです。この本を上梓した頃は、社長ではありませんでしたが、その頃の岩瀬さんの上司で社長が、出口治明さんという人で、この人も多くの本を出版されています。
 私は、(全てではないですが)この人の考え方が結構好きです。仕事の仕方や本を読むこと・考えることの重要性などを伝える本が多いですが、ファクトに基づき、それをしっかり捉えて、自ら勉強して、自分の頭で考えるクセをつけないといけない….ということを色々な例を提示しながら気づかせてくれます。
 例えば、「常識を捨てる能力」などと表現されていましたが、世間の常識に影響を受けないように判断することの重要性を述べられていました。世間的には「待機児童問題」は解決が難しいと捉えられており、現実的になかなか解決していません。彼はアメリカのように幼稚園から(もしくはもっと下の学年から)『義務教育に変えてしまえば良い』…と意見を述べられていました。確かに、今の日本で、小学校1年生で定員オーバーが理由で受け入れられないと言われる人は、1人もいないので、法律を変えて常識を変えてしまえば(投資が必要ですが、政府が本気でそういう努力をすれば)比較的早急に「待機児童」はなくなるはずです。「常識を捨て」て考え、「問題の原点」から考えるクセをつけることが重要だということです。この出口さんは、文系出身かと思いますが、かなり理系的な(科学者的な そしてシンプルな)考え方をされるので、私は合うのかもしれません。 この『原点から考える』というのは、研究では、かなり重要なアプローチの仕方だと思います。 また、出口さんは、「人・本・現場体験(旅行)」がリテラシーを鍛え、人を育てる…ような書き方もされていたと記憶しています。自分を成長させてくれる人と会うこと、読書すること、どの世界でも現場での体験(仕事ではないけれど、旅行での経験)をすることが成長のためには大切ということです。まあ、その通りかと私も思います。その機会を増やすことが、成長のために必要なので、増やす努力をしましょう。ty


うんこ漢字ドリル やるねっ!
 『忖度(そんたく)』という面白い言葉がよく使われていましたね。「他人の心中を推し量ること」ということですが、実際には、「力を持つ上の者の気持ちを先取りし、機嫌を損ねぬよう処置すること」といったニュアンスがあるようです。世界共通にある考えではあると思われますが、いかにも日本的といえばそうだとも思います。ちなみに、和英辞典で調べるとsurmise, guess, considerなどが当てられていますが、guess what he really meansのような訳で少し意味が伝わるのでしょうか? 例の人の外国人記者クラブの会見では、read between the linesのような訳であったと思います。反対にできないとKY(空気が読めない)となるのでしょう。すぐに忘れられてしまいますが、年末には「忖度です」というのが、今年の流行語大賞の候補になると思われます。 
 今日、電車の中で面白い広告を見つけました。「うんこ漢字ドリル」というのが売り出されており、結構小学生に受けて、売れている…というような広告でした。私としては、腸内細菌の研究をして、『うんこ』が研究に取って重要なサンプルですので、その『うんこ』が注目されているのは、悪い気がしません。この漢字ドリルでは、1〜6年生のすべての漢字を書いて覚える例文の中に『うんこ』が入っているようです。 例えば、「うんこファンにはたまらない本が出版された」という例文で、しゅっぱん(出版)という漢字を書いて覚えるようになっているようです。全ての例文に『うんこ』です。一種のイノベーションです。それは、笑ってしまいますよね。でも、面白く勉強するという意味では、受ける一因なのでしょう。漢字
 『うんこ』の研究をしていますが、やっと研究費的にも(私が関われば)臨床研究で比較的安易にできる時代が来ました。誰でも、というわけにはいかない時期にスタートすることが、実は重要です。チャンスは今かと思います。これを読んでいる関連病院の先生で、「腸内細菌叢と疾患」との関連の研究をしたい人は、すぐに私に声をかけてください。相談にのらせていただきます。来年になると、時代遅れになります。何かするなら「今、でしょ!」 ty